アライブ!サプリメントカフェ

ライブラリ > デザイナーフーズ&ガン予防の15か条

デザイナーフーズ&ガン予防の15か条

関連ページ_≫ガン予防

デザイナーフーズ

◎ガンによる死亡者数増加が問題になってきた米国で、1990年に国立ガン研究所が「デザイナーフーズ・プログラム」という5年計画のプロジェクトを発足させました。ガン予防効果を示唆する報告が得られている約40種類の食品を、効果の高さで3段階で示しました。(下図)

デザイナーフーズ
デザイナーズフーズ ガーリック、キャベツ、甘草(リコリス)、大豆、ショウガ
セリ科の植物(ニンジン、セロリ、ハマボウフウ、バースニップ)
タマネギ、お茶、ウコン(ターメリック)、全粒小麦、玄米、亜麻
柑橘系果物(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)
ナス科の植物(トマト、ナス、ピーマン)
アブラナ科の植物(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)
マスクメロン、カラス麦、大麦、キュウリ、ジャガイモ
ハーブ類(ミント、オレガノ、ローズマリー、セージ、タイム、チャイブ、バジル、タラゴン、アサツキ)
ベリー類(イチゴ、ブルーベリー、クランベリーなど)


ガン予防の15か条

◎「世界ガン研究基金」「米国ガン研究会」がまとめた、ガン予防のための提言。
◎日本でも2005年に国立ガンセンターが「ガンを防ぐための12条」の提言をまとめています。「ガン予防」の章で紹介しています。

ガン予防の15か条
食事内容 野菜、果物、豆類、精製していない穀類などを多く食べる。
体重 BMI(肥満指数)を18.5〜25に維持する。成人期の体重増加を5kg未満にする。
運動 1日1時間のウォーキングと週に計1時間の激しい運動をする
野菜と果物 1日400〜800g。
植物性食品 1日600〜800gも豆類、穀類、イモ類、根菜類を食べる。
アルコール類 飲酒は勧めない。男性1日2杯、女性1杯以下に
肉類 牛肉、豚肉、羊肉は1日80g以下に、魚、鶏肉が望ましい。
脂肪 動物性脂肪を抑えて、植物性脂肪を適度に。
塩分 成人1日6g以下に。ハーブやスパイスを使用して塩分を抑える。
カビ カビの生えた食品や古くなった食品を食べない。
食品の保存 腐敗しやすい食べ物は冷蔵庫や冷凍庫で保存する
添加物 適切な規制のもとでは心配要らない
コゲ コゲた食べ物を食べない
サプリメント この勧告を守れば必要ない。・・・・この提言後、効果を確認するため臨床試験をはじめている。
タバコ タバコは吸わないこと




ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by radiance Inc.

スポンサード リンク