アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 女性の美容と健康 > 頭痛/偏頭痛

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***
***フィーバーフューのサプリメント***
***ストレスに負けないのためのサプリメント***

頭痛に悩まされている/偏頭痛

■頭痛の種類 | ■頭痛に役立つサプリメント

頭痛の種類

◎原因のはっきりしない慢性の頭痛に悩まされている人は少なくありません。頭痛は「偏頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」に分けられます。「偏頭痛」「緊張性頭痛」の合型と呼ばれる両方の症状をもつ場合もあります。「偏頭痛」と「緊張性頭痛」は女性に多いといわれます。

◎いずれの頭痛も医師に薬を処方してもらうと症状が軽減されます。
ページの先頭へ
*
■偏頭痛
◎「偏頭痛」は、多くは頭の片側(左側が多い)だけにズキンズキンという膜打つような痛みが生じます。脳の血管が発作的に収縮したあとで、急に拡張することで起こります。発作の前に目がチカチカチカしたり、食欲不振といった前兆が現れます。 4 時間から 3 日間ほど続きます。運動、光、音、匂いによって悪化し、吐き気と嘔吐を伴います。

1. 頭痛のために寝込むことがある、2. 動くと痛みがひどくなる場合があります。 3. 気分が悪くなる、4. 音や光に敏感になる

◎偏頭痛時は頭を冷やすほうが効果的です。

◎フィーバーフューは欧米では偏頭痛に利用されます。発作時の対処としての効果はなく、予防として利用すると良いとされます。
ページの先頭へ
*
■緊張性頭痛
◎「緊張性頭痛」は、頭が締め付けられるような痛みが 30 分から 7 日間ほど続きます。精神的身体的ストレスが原因で、首から肩にかけての筋肉に緊張が起こることが原因です。運動、光、音、匂いによって悪化することはなく、吐き気や嘔吐も伴いません。

◎顎関節症(歯科)が、この原因になっている場合もあることが報告されています。

◎緊張性頭痛は筋肉の緊張を和らげるため、暖めたり、肩をもんだりすると効果的です。緊張を緩和するサプリメントのバレリアンやカモミール、キャッツクローなどが役立ちます。
ページの先頭へ
*
■群発性頭痛
◎「群発性頭痛」は男性に多い頭痛です。刺すような強い痛みが眼球の周囲に生じ、15分から3時間ほど続きます。一定期間、多くは1〜2カ月間、一定の時間帯に起こります。群発期は1年に数回から数年に1回あります。激痛のため横になって寝ているのもつらいほどで、結膜充血や流涙、鼻汁を伴います。
ページの先頭へ
*
■女性と頭痛
◎女性はホルモンの影響で月経の前後や更年期に頭痛に悩まされることがあります。この場合は女性ホルモンを調節するサプリメントも役立ちます。

◎偏頭痛は10代20代の若い女性に多いといわれます。更年期を過ぎると緊張性頭痛が主流になります。
ページの先頭へ
*
■脳脊髄液減少症
◎髄液---脳と脊髄を取り囲み、外部の衝撃から脳と脊髄を守っている---が何らかの原因で、漏れ出してしまい、起こる頭痛です。

◎髄液の量が減少するため、脳や脊髄の位置がずれて、脳周辺の神経を刺激して痛みが起こります。耳鳴り、吐き気、倦怠感などの症状が伴うことがあります。多くはムチ打ち症に伴っておきますが、尻もち程度の衝撃でも発生することがあります。

◎診断基準として、横になるとラクになるということがあります。髄液が元に戻るためです。500mlほどの水分を摂取することでも髄液の量が増えるためラクになります。心当たりの場合は専門医(頭痛外来など)を受診してください。
ページの先頭へ
*
■重大な疾病を伴う頭痛
◎重大な疾病を伴う場合はまれですが、突然の今まで経験したことのないような激痛に襲われた場合はクモ膜下出血、発熱と首の硬直を伴う場合は髄膜炎などの可能性があります。高血圧や目や鼻の病気が原因で頭痛が起こることがあります。

◎頭痛のタイプが変わったり、発熱、首の硬直などを伴う場合や、今までめったに頭痛がなかった人が頻繁に頭痛を感じる場合などは医師に相談してください。
ページの先頭へ

頭痛に役立つサプリメント

【緊張性頭痛】
キャッツクローバレリアン
*
【偏頭痛】
フィーバーフュー
トリプトファン

*
ページの先頭へ

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

頭痛

ツボ

アロマテラピー&ハーブティ

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ

Web www.rda.co.jp

*


最新トピックス


関連トピックス

【頭痛にはセックスが鎮痛剤より効果的!?】3/6/2013
【アイスクリームで「脳が凍結」する!?】4/24/2012
【慢性痛を止める遺伝子を発見!】9/12/2011
【ボトックス注射が偏頭痛を改善】2/16/2010
【偏頭痛もちは心臓発作のリスクが2倍!】2/11/2010
【頭痛持ちは脳卒中のリスクが2〜3倍に!!】11/17/2009
【頭痛はコーヒーの飲みすぎが原因!?】8/18/2009
【気温と気圧の変化が「頭痛」を引き起こす!?】3/11/2009
【偏頭痛の女性は 乳がん のリスクが低下】11/06/2008
【中年の大きな生活変化は慢性頭痛をもたらす】8/24/2008
【水を飲むことの健康神話は根拠なし !! 】4/3/2008
【胃腸症状をもつ人々は頭痛をもつ人が多い】2/28/2008
【慢性の痛みが脳を変える、うつ病などの原因に】2/07/2008
【偏頭痛の脳に違いを発見】11/20/2007
【赤ワイン、日本酒に頭痛発生の危険レベルを表示 !? 】11/02/2007
【鎮痛剤とカフェインを一緒に摂る際は、肝臓に注意 !! 】9/26/2007
【偏頭痛を経験した男性は心臓発作に注意 !! 】4/26/2007
【頭痛が記憶力を高める !? 】4/24/2007
【頭痛の治療には 1 つより 2 つの薬の併用が効果的】4/04/2007
【慢性の頭痛の改善にリラクゼーションが最も効果的】11/30/2006
【偏頭痛の男性は心臓病、心臓発作のリスクが高い】11/17/2006
【鎮痛薬が腎不全のリスクを2倍に】11/07/2006
【偏頭痛 ( 群発頭痛 ) にスプレー式点鼻薬が有効】9/14/2006
【冷やすことで慢性の痛みを鎮痛する】8/22/2006
【瞑想が脳で痛みを半減させる】8/22/2006
【偏頭痛が心臓病につながる可能性】7/19/2006
【一般的な鎮痛薬が肝臓にダメージを与える】7/05/2006
【偏頭痛の新しい治療法。TMS磁気装置の効果が報告される】6/23/2006
【市販の鎮痛薬の長期・多量使用は心臓発作のリスクを高める】6/02/2006
【市販の鎮痛薬が心臓病の入院リスクを大きく増加させる】5/23/2006
【緊張型の頭痛の原因は顎関節症かも】5/15/2006
【針治療が偏頭痛に効果。『ニセ』ツボでも効果あり】3/2/2006
【女性は男性の2.5倍も頭痛もち】2/20/2006
【ふだんの酒量が多い人は二日酔いの頭痛になりにくい】10/15/2005

*

スポンサード リンク