アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 花粉症

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***花粉が気になる方にお勧めサプリメント***
***乳酸菌のサプリメント***

花粉症

■花粉症とは | ■花粉症のためのサプリメント

花粉症とは

■花粉症のメカニズム
◎人間の身体には外からの異物の進入に対して、それを排除するしくみである免疫機能が備わっています。本来は身体を守るためのしくみですが、花粉症は無害なはずの花粉を、異物として反応してしまうために生じるアレルギー症状です。「くしゃみ」「鼻づまりや鼻水」「ノドのかゆみや咳」「涙目、目のかゆみ」などの症状がでます。

◎体内に入った花粉が鼻などの粘膜に付着して、花粉に含まれる抗原を粘膜内の白血球のマクロファージがつかまえて HLA が花粉を異物と判断すると、リンパ球の T 細胞に情報が送られます。T細胞はさらに B 細胞に情報を送り、 B 細胞にスギ花粉に対する抗体( IgE 抗体)をつくらせます。

◎この IgE 抗体が目や鼻の粘膜にある「肥満細胞」に付着します。花粉と接触を繰り返すことでこの IgE 抗体が付着した「肥満細胞」が増殖します。この増殖が一定レベルに達すると花粉症を発症する準備が整います。そして新たに侵入してきた花粉が粘膜上の「肥満細胞」に付着した IgE 抗体と結合すると、「肥満細胞」からヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が放出されます。これが、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみのような花粉症の様々な症状を引き起こします。
ページの先頭へ
*
■花粉症をおこす植物
◎花粉症は春の花粉だけでなく秋の花粉でもおこります。そして通年で症状がでるものもあります。花粉症をおこす花粉は日本で約 60 種類ほど報告されています。

◎およそ 2 〜 5 月に症状が出る春の花粉症としてはスギ、ヒノキが有名ですが、他に、ウメ、クリ、クヌギ、ケヤキなどがあります。 5 〜 6 月にはシラカバの花粉症があります。

◎ 8 月後半から 10 月に症状の出る秋の花粉症としてはブタクサ、ヨモギ、ススキ、イラクサ、カナムグラなどがあります。通年で症状がでるイネ科の植物の花粉症があります。

関連:花粉症対策2011

■花粉症のサプリメント
◎花粉症には耳鼻科での治療や医薬品もありますが、サプリメントで利用できるものを紹介します。

◎ハーブのネトルは、花粉症の第一ステップである「 IgE 抗体」の生成を抑制します。花粉の季節の2週間ぐらい前からの摂取が効果的です。

ビタミンCはヒスタミン、ロイコトリエンの働きを抑え、マグネシウムはヒスタミンの放出量を抑えます。

βカロテンは粘膜を強くします。

甜茶やバラの花エキスはヒスタミンの放出を抑えます。

DHA&EPAおよびアルファ・リノレン酸(亜麻仁油)のようなn-3脂肪酸はロイコトリエンを抑制します。

西洋フキやシソ、柿の葉エキスもロイコトリエンを抑制します。

シソやミント、ローズマリー

シソ科の植物に多く含まれるフラボノイドの一種である黄色色素のルテオリンは、抗アレルギー作用をもち花粉症への効果が確かめられています。

ペパーミントやユーカリ、ティトリーなどは抗炎症作用をもち、ノドや鼻の腫れやかゆみを抑えます。アロマテラピーやハーブティで利用できます。
乳酸菌は花粉症の原因の一つともいわれる腸内環境の悪化を改善します。
*
◎花粉を寄せ付けないのが一番効果的です。手洗いやうがいはもとより、衣服に花粉を付けないスプレーやマスクやゴーグルなど様々な商品が販売されています。

*
ページの先頭へ

花粉症のためのサプリメント

【初期の抗体の生成を抑制】
ネトル
【ヒスタミンの抑制】
甜茶、バラの花エキス、 ケルセチンケール(青汁)
【ロイコトリエンを抑制】
αリノレン酸DHA/EPAシソ油亜麻仁油
セイヨウフキ(バターバー)フィーバーフュー(ナツシロギク)
【ヒスタミン、ロイコトリエンを抑制】
シソ抽出エキス(含ルテオリン)
【ノドや鼻の消炎効果】
ペパーミントユーカリローズマリーMSM、 ティトリー
【腸内環境の改善】
乳酸菌
【良いとされるもの】
ココア
プロポリス(ケルセチンを含む)+レモンバーム
エルダーフラワー
*
ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス


Web www.rda.co.jp

*



最新トピックス


関連トピックス

【花粉症や不眠症の薬が認知症のリスクを増やす!?】1/27/2014
【今年の花粉は危険!?万全な対策を!】2/21/2013
【花粉症にハリ治療が効く?】2/19/2013
【花粉症を含むアレルギー疾患は脳腫瘍を予防!?】2/8/2011
【ブロッコリー新芽が鼻アレルギーや喘息の症状を緩和】3/12/2009
【「花粉症」の症状をプロバイオティクス乳酸菌が免疫反応を調節して軽減】6/3/2008
【花粉症、アレルギー歴は、すい臓がんを予防する】12/23/2007
【花粉症、アレルギーに大腸がんの予防効果 !? 】12/4/2007
【花粉症や喘息などアレルギーは脳腫瘍を防ぐ】11/03/2007
【脳腫瘍のリスクは、花粉症、喘息、アレルギーのある人で減少】7/27/2007
【花粉症などの抗アレルギー薬 -- 抗ヒスタミン薬 -- は脳の血流を低下させて、記憶力・集中力低下の原因に】5/18/2007
【花粉症の人、注意! スギ花粉入りの食品の注意表示を指導、厚労省】4/17/2007
【花粉症の人々は香水など非アレルギー性の刺激にも敏感】2/28/2007
【花粉症による鼻アレルギーの症状を 2 つの乳酸菌の混合が緩和】2/19/2007
【花粉症、アレルギーに免疫療法は安全で有効】1/27/2007
_≫HOTトピックスの続き

*

スポンサード リンク