アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 二日酔い

二日酔い

■なぜ二日酔いになるのか |■二日酔いに役立つサプリメント

なぜ二日酔いになるのか

■健康飲酒量
◎健康な人が1時間に分解できるアルコール量は、体重1kgあたり約0.1gとされています。アルコールが体内で分解される時間から計算した、翌日(飲酒後7.5時間後)に残らない酒量は体重60kgの人でビール2本、日本酒2合程度です。量は体重に比例します。
ページの先頭へ
*
■二日酔い
◎アルコールは肝臓で、まずアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸になり最後に炭酸ガスと水になり排出されます。量が多いと分解が追いつかずアセトアルデヒドが血液中に溶けて体内にまわり悪酔い状態を生じさせます。翌日まで残っているのが二日酔いです。
◎肝臓がまだアルコールを分解している状態では安静が必要です。入浴はアルコールが抜けてからにしましょう。
ページの先頭へ
*
■アルコールの分解を助ける栄養素
◎アセトアルデヒドの分解にはアミノ酸のシステインが必要です。糖代謝の低下による低血糖状態改善と、脱水状態とミネラルバランスの崩れ---特にマグネシウムが不足---を改善するためにグレープフルーツジュースやスポーツドリンクを摂取してください。ビタミンB群も補給してください。

◎アミノ酸のアラニンとグルタミンは分解過程できる阻害物質NADHを除去し、アルコールとアルデヒドの代謝を促進します。

◎アルコールの分解に肝臓が忙しいため、他の代謝が十分に行なわれず、身体は疲労状態です。翌日はしっかり良質の栄養をとってください。エネルギー生産を活性化するクエン酸、ビタミンB群を摂るとよいでしょう。
ページの先頭へ
*
■二日酔いの頭痛
◎二日酔い状態と自己申告した人を調べたところ、体内にアルコールが残っていたのは約半数という調査結果があります。頭痛だけが残った状態です。脳のごく軽い「むくみ」が原因です。この場合は「むくみ」をとるお茶やコーヒーなど利尿作用のある飲み物を飲んだり、入浴をして汗をかくなどが有効です。

◎普段の酒量と二日酔いの頭痛に関連があるという報告がありました。普段、あまりお酒を飲まない人は頭痛になりやすい傾向があるといいます。たまのお酒は注意しましょう。
ページの先頭へ
*
■肝臓を保護するハーブ
◎肝臓を保護し二日酔いや悪酔いを予防するものとして、ウコンとマリアアザミ、セサミン(ゴマ)があります。飲酒の前後に。

*
ページの先頭へ

二日酔いのためのサプリメント

【アルコールが残っている場合】
果汁100%のグレープフルーツジュース
またはスポーツドリンクのような体に吸収されやすい水分(果糖とビタミン&ミネラルを含む)
*
Lシステイン
アミノ酸(アラニン、グルタミン
ビタミンB群
クエン酸
*
【アルコールが抜けている場合】
利尿作用のあるお茶やコーヒー
*
【肝臓を保護しアルコールの分解を助ける】
ウコン
マリアアザミ
セサミン(ゴマ)

*
ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

二日酔い

ツボ

アロマテラピー&ハーブティ

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


最新トピックス


関連トピックス

【二日酔いの予防にコーヒーと鎮痛薬が役立つ!?】1/19/2011
【"アスパラガス"が二日酔いを楽にして肝臓を守る!!】8/30/2009
【血中γ-GTP値の高い人ほど心血管死のリスクが高い】11/17/2005
【ふだんの酒量が多い人は二日酔いの頭痛になりにくい】10/15/2005
【アルコール分解酵素の活性が低いと脳機能に影響あることを画像化】7/20/2005

*

スポンサード リンク