アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 疲労、疲労回復、疲れやすい

疲労/疲労回復/疲れやすい

■疲労と疲労回復 | ■疲労の回復に役立つサプリメント

疲労と疲労回復

■疲労とは
◎疲れがとれない、疲れやすいという悩みを持つ現代人は多いようです。1998 年に厚生省が行なった疫学調査では 6 割の人が疲労を感じ、6 カ月間以上疲労が続いている人が 4 割弱もいると報告されています。

◎疲労には大きく分けて、いわゆる肉体疲労、精神的な疲労、なんらかの疾患がひそんでいるものがあります。いずれも脳の前頭野で疲労を感じています。この部位は意欲や情動、自律神経にかかわる場所で、疲労が様々な身体的精神的疾病の原因になる可能性が推測されます。

◎疲労予防、回復には、バランスのとれた栄養と睡眠、休養が重要です。
ページの先頭へ
*
■「疲れ」が疾病の兆候の場合も
◎微熱がともなったり、だるさが続いたり、食欲不振や体重減少が伴う場合は、肝臓や腎臓の機能異常、内分泌異常、膠原病などの疾患も考えられますから、医師に相談したほうが良いでしょう。
ページの先頭へ *
■慢性疲労症候群
◎慢性疲労症候群(CFS)は、原因不明の強い疲労感が 6 カ月以上にわたって続く場合に診断されます。かつてはヤッピー風邪と呼ばれたこともあります。

◎日本疲労学会が発表した診断指針では、疲労をおこす病気がない、疲労感をもたらす薬を使用していない、血液検査など基本的な臨床検査で異常がない場合に、以下の「疲労に関する 4 項目」に該当してさらに「自覚症状 10 項目」のうちの 5 項目に該当する場合に慢性疲労症候群(CFS)と診断されます。一部該当しない場合に「特発性慢性疲労」(ICF)と診断されます。

◎疲労に関する 4 項目
1.新たに、急激に始まった全身の倦怠感
2.十分な休養をとっても回復しない疲労感
3.仕事や生活習慣が疲労の原因ではない
4.日常の生活活動が、発症以前の 50 パーセント以下に低下したか、仕事や社会生活を疲労のために月に数日休むことがある

◎自覚症状 10 項目
1.労働を終えても 24 時間以上続く疲労感、2.筋肉痛、3.頭痛、4.のどの痛み、5.思考力・集中力の低下、6.睡眠障害、7.多発性の関節痛、8.微熱、9.首のリンパ節の腫れ、10.筋力低下
ページの先頭へ *
■エネルギー生産を良くする
◎身体のエネルギーの生産効率を高めることは、疲労感を緩和したり改善するのに役立ちます。糖質や脂質のエネルギー代謝に必須の補酵素のコエンザイムQ10やαリボ酸、カルニチン、ビタミンB群やマグネシウム、クロムといったミネラルといったものを摂取すると良いでしょう。

◎これらの栄養素が不足すると疲れやすくなります。
ページの先頭へ
*
■過度の疲労は活性酸素を発生させる
◎疲労はストレス因子ですから活性酸素が発生します。活性酸素の除去には抗酸化物質が役に立ちます。ストレスによって失われるビタミンCも補給が必要でしょう。
ページの先頭へ
*
■精神的な疲労には
◎テニアン、ギャバ、バレリアンは精神的疲労による緊張を緩和し、脳の疲れをとり、睡眠の質を向上させます。

◎疲れているのに、眠れないというときにも、役立ちます。

◎滋養強壮、抗ストレスのサプリメントとしては高麗ニンジン、マカ、エゾウコギなどがあります。
■アミノ酸
◎アミノ酸も疲労に効果があります。抗疲労効果のあるメチオニンやアスパラギン酸、タウリン。筋肉のエネルギーになり筋肉疲労の予防と回復を促進する分岐鎖アミノ酸は精神的な疲労にも効果があると考えられています。

◎アミノ酸がいくつか結合したものをペプチドといいますが大豆ペプチドにも疲労回復効果があることが報告されています。

◎お酢、黒酢には必須アミノ酸をはじめアミノ酸類、さらにエネルギー生産効率を高める有機酸も多く含まれます。
ページの先頭へ
*
■乳酸は疲労物質?
◎かつては糖の分解の過程で生じる乳酸は、疲労時に筋肉に蓄積するため、疲労物質とみなされていました。最近の研究で、乳酸はエネルギー供給物質で、むしろ疲労を和らげる物質であることがわかっています。

◎クエン酸は細胞のミトコンドリアでのエネルギー生産過程のクエン酸回路を活性化し、エネルギー生産効率を高めます。乳酸をエネルギーとして利用することを促進して疲労を低減します。
ページの先頭へ
*

疲労の回復に役立つサプリメント

【エネルギー生産の向上】
クエン酸ビタミンB群B1B2B6ビオチン、)
マグネシウムクロムなどミネラル
コエンザイムQ10αリボ酸Lカルニチン
*
ニンニク黒酢冬虫夏草田七ニンジン高麗ニンジン
*
【抗疲労効果のあるアミノ酸】
アスパラギン酸タウリンメチオニンLシステイン
分岐鎖アミノ酸(ロイシン、イソロイシン、バリン)
*
ビール酵母(ビタミンB群やアミノ酸を含有)
*
【抗ストレス】
ビタミンB群ビタミンC
高麗ニンジンマカエゾウコギ
ビタミンA(Βカロテン)コエンザイムQ10αリポ酸など)
*
【緊張緩和・睡眠・脳の疲れ】
テニアンギャババレリアン
*
【ハーブティ】
ローズマリーレモンバーム、セージ、etc.
*
***疲労回復、忙しい毎日に負けないためのお勧めサプリメント***
毎日の活力UPに、黒にんにく高麗人参! <PR>
ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

疲労

ツボ

アロマテラピー&ハーブティ

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ

Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【「慢性疲労」の 5 つの診断基準と新名称! 】2/15/2015
【鉄のサプリが慢性疲労を改善!】6/6/2012
【疲労回復にシジミより枝豆の「だだちゃ豆」!】2/21/2011
【チョコレートが慢性疲労を改善!】12/12/2010
【ストレス、疲労感の改善にメロンジュース!? 】9/16/2009
【赤紫の野菜ジュースでスタミナUP!】8/7/2009
【筋力低下、疲労感はコーラの飲みすぎが原因!?】5/28/2009
【コエンザイムQ10 は運動能力を高めて疲労を軽減】3/28/2008
【慢性的に疲労を感じている人には、のんびり散歩が効果的】3/01/2008
【ダークチョコレートが慢性疲労を改善】10/1/2007
【匂いが腰痛や腹痛、疲労の原因 !? 】9/19/2007
【胃のウイルス感染が、慢性疲労症候群の原因 !? 】9/14/2007
【中年男性の半数は、年齢以上に男の活力が低下 !? 】4/25/2007
【日本人の 4 割はセックスレス】3/17/2007
【首の痛み、頸部の肩こりには 『 枕 』 プラス 『 エクササイズ 』 がベスト】2/08/2007
【疲労や食欲不振を含む、うつの症状が動脈硬化、心臓発作のリスクを高める】2/06/2007
【職場のストレス対策講習会がストレス、疲労、心臓の症状を改善】1/12/2007
【慢性疲労症候群にヘルペスの治療薬が有効】1/09/2007
【『 燃え尽き症候群 』 が糖尿病のリスクを高める。仕事のストレスが影響】11/27/2006
【突然死から救う、心肺ではなく心脳蘇生法で生存率が3倍に】11/13/2006
【子ども時代の心の傷が大人の慢性疲労に影響】11/07/2006
【慢性疲労のキャンペーンを開始、米国疾病対策センター】11/05/2006
【ストレスホルモンが、孤独な夜の翌朝のエネルギーを高める】10/31/2006
【慢性疲労の約7割が遺伝、遺伝的なリンクを発見】9/08/2006
【一緒のベッドでパートナーと眠ることは脳の働きを低下させる】7/21/2006
【糖分を多く含む栄養ドリンクは眠気を増し集中力と反応時間の低下を招く】7/21/2006
【アスリートの研究で乳酸菌が疲労による免疫力の低下を改善】5/19/2006
【慢性疲労症候群はトラウマやストレス応答にかかわる遺伝子が関与】4/21/2006
【慢性疲労は脳の損傷だった】3/6/2006
【オルニチンの美肌効果を確認、冷えも改善】11/05/2005
【運動中のトマトジュース飲用で疲労軽減】 8/19/2005

*

スポンサード リンク