アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 女性の美容と健康 > 骨の健康、骨粗鬆症

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***カルシウム&マグネシウムのサプリメント***
***45才過ぎた女性にそろそろサポートのサプリメント***
***アンチエイジングが気になる方のためのサプリメント***

骨の健康 / 骨粗鬆(しょう)症

■骨の健康 | ■骨の健康のためのサプリメント

骨の健康

◎骨の健康を維持することは、生活の質の維持と長寿にも重要です。高齢者の骨折は寝たきりを含む移動制限に通じて自立した生活の維持を妨げます。背骨の骨折が死亡リスクを8.6倍にも上昇させるという研究報告もあります。

◎骨は半分はカルシウム、残りの半分はコラーゲンでできています。骨の中にはコラーゲン繊維が無数に走り、その間をカルシウムが埋めています。さらにコラーゲン繊維に建築物の梁のようにつなぐ「良い梁」と呼ばれるものあって骨を強いものにします。

◎最近の研究で、血液中に過剰に糖がある高血糖では、「悪い梁」と呼ばれる余分な梁をコラーゲン線維に架けて背骨の柔軟性を低下させて、骨折リスクを高めることが分かっています。

■骨粗鬆(しょう)症
◎骨のカルシウムが減少し骨密度が低下して、骨がもろく骨折しやすくなるのが骨粗しょう症です。加齢が主な原因ですが、最近は中高齢者ばかりではなく偏った食生活と運動不足から若年層にも骨粗鬆症がみられます。

◎骨では、破骨細胞が古い骨を破壊する骨吸収と、骨芽細胞が新しく骨をつくる骨形成とを繰り返す、骨の新陳代謝 -- 骨代謝(ターンオーバー) -- がおこなわれています。

◎このバランスが崩れて、破骨細胞による骨吸収が、骨芽細胞による骨形成を上回ると骨粗鬆症になります。

◎女性は、閉経による女性ホルモンのエストロゲンの欠乏で骨吸収が盛んになり骨吸収が骨形成を上回るために、急激に骨量が減少します。この骨代謝が亢進している骨粗鬆症は高代謝回転型の骨粗鬆症といわれています。

◎さらに高齢になると、骨形成の能力が骨吸収に比べて低下して骨量が減少する低代謝回転型の骨粗鬆症をおこします。

◎男性にも発生する老人性骨粗鬆症は低代謝回転型と考えられていましたが、高代謝回転型の場合も少なくないことがわかってきています。

ページの先頭へ
*
■骨はカルシウムの貯蔵庫
◎骨はカルシウムの貯蔵庫で、体内のカルシウムの 99 パーセント骨と歯に存在しています。

◎カルシウムは心臓の収縮をコントロールしており血液中のカルシウム濃度は一定に保たれています。ビタミンD やホルモンなどによってコントロールされ、カルシウムは骨に貯えられたり、血液中に溶け出したりしています。カルシウムの溶け出す量が方が多くなると、骨がスカスカになり骨粗鬆症になります。

◎溶け出しを抑制し貯蔵を促進するのが女性ホルモン、溶け出しを促進するのが甲状腺ホルモンで、ビタミンD はどちらの働きもあります。
ページの先頭へ
*
■骨の成長
◎食事で摂取したカルシウムは成長期から 20 代のはじめまで骨を成長させ、骨密度を向上させます。骨に含まれるカルシウム量が最大になった状態を 20 代、 30 代と維持しその後、徐々にに減少していくといわれます。女性は更年期の約 10 年間で急速に骨量を減らすといわれています。成長期にしっかり栄養を摂取することが大切です。

◎女性ホルモンのエストロゲンはカルシウムが骨から溶け出すのを防ぎます。女性は更年期になりエスロゲンが減少するとカルシウムが溶け出しやすくなります。エストロゲンは破骨細胞を減少させる働きがあります。エストロゲンレベルの低下は破骨細胞が過剰になって、骨粗しょう症につながります。

◎また、運動不足でもカルシウムは骨から溶け出します。
ページの先頭へ
*
■高血糖値が背骨を弱くする
◎血糖値が高いと、骨の柔軟性を下げて骨を弱くする「悪い梁」と呼ばれるものを、骨の増やして、骨密度が十分であっても背骨の骨折のリスクを高めます。この骨折は背骨に少しずつヒビが増加していって、気づかぬ間に進行するという特徴があります。

◎他にコレステロール値の異常などが引き起こす動脈硬化症も骨の柔軟性を低下させる可能性があります。メタボリックシンドロームは動脈硬化症と糖尿病につながります。この予防は骨の健康にも役立つといえるようです。

◎この種の骨折の予防には、十分なビタミンB6の摂取とビタミン12と葉酸の不足を避けることが有益です。

■骨のための栄養素
◎血中のカルシウム量が不足しないように、毎日カルシウムを摂取することが必要です。食事だけでは不足しがちです。サプリメントでの摂取をお勧めします。

◎カルシウムだけ多く摂取しても骨を強くする効果は小さいようです。一緒にビタミンD などの栄養素を摂ることが必要です。カルシウムの量だけを増やすと股関節骨折のリスクが高くなるという研究結果があります。

◎カルシウムはマグネシウムとのバランスが重要で、2 : 1 の比率で摂取するのが良いとされます。

◎さらに骨形成を助けるビタミンK 、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ女性ホルモンに構造の似たエストロゲン様物質のイソフラボンもあわせて摂ると一層効果的です。イソフラボンは効果に個人差があります。

◎ボロンはビタミンD の働きを活性化します。カロテノイドのクリプトキサンチンにも骨の形成を促進する効果があることが基礎研究で確かめられています。

◎ケイ素がカルシウムよりも骨密度を向上させる作用があるという研究報告がありました。
ページの先頭へ
*
■骨の健康に運動も大切です
◎カルシウムが骨から溶け出すのを防ぐためには、抗重力運動、重力がかかる運動が必要です。(ウォーキングやランイングなどでOK!水泳は骨には効果なし) ◎重力がかかる運動は骨芽細胞を刺激する酵素の生産を促して、骨の密度やコラーゲンの減少を抑制するのに役立ちます。

ページの先頭へ

骨の健康のためのサプリメント

【骨の形成を促進】
カルシウムマグネシウム(2:1が望ましい)
ビタミンD
ビタミンK
ホウ素/ボロン

クリプトキサンチン
【骨の強度維持・向上
ケイ素/シリカ
【カルシウムの吸収促進】
ビール酵母
【骨の密度低下を防ぐ】
イソフラボン
ケルセチン
*
コラーゲン
*
DHEA/デヒドロエピアンドロステロン
*

ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

骨の健康

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ

Web www.rda.co.jp

*

*

最新トピックス


関連トピックス

【太った人は注意! 体重減少で骨折リスクが大幅増加!?】11/17/2014
【毎日 2〜3 杯のお茶が骨を強くし骨折を防ぐ!?】10/14/2014
【お茶が骨を強くする!?】2/2/2014
【結婚は「男性の骨」を強くする!?】1/26/2014
【運動前の牛乳が骨と筋肉を守る!?】6/24/2013
【ホウレン草は骨も強くする!?】12/12/2012
【高塩食はカルシウムを奪い、尿路結石と骨粗鬆症のリスクも増加 !】7/27/2012
【適度の飲酒が骨密度を保護!】7/12/2012
【ビタミンEが骨密度を下げる!?】3/5/2012
【胸焼けの薬が骨折リスクを高める!】2/1/2012
【メタボ腹は骨にも有害!?】8/29/2011
【カルシウムは多量に摂取する必要なし!?】5/26/2011
【緑茶と太極拳が骨を強化、炎症を低減!】4/11/2011
【骨を強くする薬が大腸がんを予防!】2/23/2011
【メタボ腹は骨もスカスカに!!】12/2/2010
【ホクロの多い人は老化が遅い!? 】11/29/2010
【塩分の不足で転倒と骨折のリスクが増加!?】11/22/2010
【トマトジュースが骨を強くする!?】11/20/2010
【肉の脂肪は骨折リスクを増やす!植物油はリスクを低減!】11/1/2010
【運動が転倒を防いで寿命を延ばす!】9/28/2010
【骨を丈夫にする薬で食道がんのリスクが倍増!?】9/3/2010
【カルシウムが心臓発作のリスクを増やす!?】7/30/2010
【血糖値の異常は骨に原因あり!?】7/26/2010
【肉を食べることが高齢者の転倒と骨折を予防!】6/11/2010
【骨を強くする薬が乳がんを予防!!】3/03/2010
【ビールが骨を強くする!? 大麦ビールがお勧め!?】2/9/2010
【骨の健康にもタンパク質が重要!】12/1/2009
/2009
【大豆が女性の骨折を予防!!】10/19/2009
【緑茶は骨も強くする!! 】9/17/2009
【ワインやビールを飲む習慣は“骨を強く”する!!】3/22/2009
【夏・秋生まれは背が高くて骨が強い!? 】2/5/2009
【野菜や果物が骨密度を守る!? 特に肉好きと高齢者は注意! 】12/15/2008
【腸が骨の形成に関与!? 腸セロトニンが骨を制御】12/02/2008
【カルシウム不足の女性は腰の骨折が 2 倍に】6/27/2008
【関節や骨の病気、リウマチの患者の多くにビタミンD 欠乏】6/13/2008
【カルシウム・サプリメントが骨折リスクを 7 割減】6/12/2008
【少量から適度の飲酒は、骨密度を高めて強い骨をつくる】5/13/2008
【骨密度の維持が、ガンの予防に !? 】4/28/2008
【高血圧の治療薬が骨密度を低下させる】4/15/2008
【高めの血糖値は丈夫な骨をもらたして骨折を予防 !? 】4/12/2008
【イソフラボンが骨密度の低下、骨粗鬆(しょう)症を防ぐ】2/19/2008
【ビタミンD が骨密度の低下を予防】1/26/2008
【男性ホルモンの減少で男性の骨粗鬆症と骨折が倍増】1/17/2008
【カルシウムサプリメントが心筋梗塞、脳卒中のリスクを増加させる】1/17/2008
【チョコレートが骨密度の低下をもたらす !? 】1/16/2008
【カルシウムは摂りすぎ !? 】12/23/2007
【更年期の体重の減少は骨密度も低下!! 】11/05/2007
【男性のサイクリング愛好者は骨密度が低下 !? 】11/03/2007
【前立腺がんの中年男性は骨折のリスクが 8 倍に】10/15/2007
【紅茶が骨密度の低下を予防】10/11/2007
【女性ホルモンが骨密度の低下を防ぐ仕組みが明らかに】9/7/2007
【カルシウムサプリメントが中年以上の人々の骨折を 4 分の 1 減少】8/25/2007
【トマトを食べて骨密度の低下防止、骨の老化を予防 !? 】7/25/2007
【大豆イソフラボンが骨密度を改善、カルシウムとビタミンD だけでは効果なし】6/19/2007
【強い運動が若い男性の骨密度を大きくする、女性は体重と体脂肪が影響】6/09/2007
【男性も骨粗鬆症 ( こつそしょうしょう ) による骨折に注意 !! 】1/24/2007
【抗うつ剤 ( SSRI ) が骨密度を低下させて骨折のリスクを高める】1/24/2007
【骨粗しょう症治療薬の服用を続ける? 中止する ?】12/27/2006
【胃の薬が骨を脆くする】12/27/2006
【低カロリーダイエットによる骨密度の低下を運動が防ぐ】12/12/2006
【身長が縮むと心臓病などによる死亡率が上昇】12/12/2006
【抗うつ薬のブロザックが骨量を増やし骨粗鬆症を改善】10/14/2006
【コーラは骨をスカスカにする】10/06/2006
【『魔法公式』は骨粗鬆症の女性の骨折リスクを正確に予測します】9/26/2006
_≫つづき

*

スポンサード リンク