アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 血糖値が気になる

***血糖値が気になる方にお勧めのサプリメント***

血糖値が気になる

■血糖値と糖尿病 |■血糖値が気になる方のためのサプリメント

血糖値と糖尿病

■成人の4人に1人以上が糖尿病かその予備軍
「2011年国民健康・栄養調査報告」によると日本人の 27 パーセント、 4 人に 1 人以上が 2 型糖尿病かその予備群です。男性の 33 パーセント、女性の 23 パーセントです。糖尿病とその予備軍は年々増加しています。

■血糖値と糖尿病
血糖値は血液中に含まれるブドウ糖の量を示す値です。血糖値は1日の中で変化します。食後は上昇し、およそ2時間以内で元に戻ります。

血糖値(血中のブドウ糖濃度)が高い状態が続くと、エネルギーとして消費されなかった余分なブドウ糖は尿にあふれ出たり、体内を回り網膜症、腎症、神経障害などの合併症を引き起こします。

また継続的な血糖値の上昇は血管に障害を与え動脈硬化につながり、心臓発作や脳卒中を含む心血管疾患のリスクを高めます。

正常な空腹時血糖値は 70 〜 110 mg/dl以下とされています。 126 mg/dl 以上は糖尿病型と診断され、 110 mg/dlを超えて126 mg/dl未満は糖尿病予備軍となります。

血糖値が(1)空腹時血糖値126mg/dL以上、(2)随時血糖値200mg/dL以上、(3)75g糖負荷試験で2時間値200mg/dL以上、(4)HbA1c(JDS値:現行の日本の測定法)6.1%以上の場合に「糖尿病型」と判断されます。

糖尿病は、初回の検査とは別の日(1カ月以内)の再検査で糖尿病型が確認された場合に診断されます。

血糖値とHbA1cが同一検査で糖尿病型に該当する場合も糖尿病と診断されます。また、血糖値が糖尿病型に該当し、加えて糖尿病の典型的症状や確実な糖尿病網膜症のいずれかが見られた場合も糖尿病と診断されます。

HbA1cだけが該当する場合は「糖尿病疑い」とされ、再検査が必要です。

空腹時血糖値の診断基準
正常 70 〜 110 mg/dl
糖尿病の予備軍 ( 境界型 ) 110 mg/dl を超え 126 mg/dl 未満
糖尿病型 126 mg/dl 以上

75 g経口ブドウ糖負荷試験 ( 負荷後2時間 )
正常 140 mg / dl 未満
糖尿病の予備軍 ( 境界型 ) 140 mg / dl を超え 200 mg / dl 未満
糖尿病型 200 mg / dl 以上

◎尚、海外では血糖値の単位を mmol/L を使用することが多くみられます。 1 mmol/L は 18 mg / dl になります。
ページの先頭へ
*
■ヘモグロビン A1c ( HbA1c )
直近の 1 〜 2 カ月間の血糖値の管理状態をあらわす数値で、血糖値よりも正確な血糖状態をあらわします。一時的な身体の状態に左右されません。さらに HbA1c の数値は、糖尿病患者の重症度とも相関があることから、糖尿病の診断マーカーとなっています。

HbA1cが 6. 5 パーセント(NGSP値)を超えると糖尿病が疑われます。日本糖尿病学会では、血糖正常化を目指す際の目標 6. 0パーセント未満、合併症予防のための目標 7. 0 パーセント未満、治療強化が困難な際の目標 8.0 パーセント未満としています。 8 パーセントを超えた状態が長く続くと、様々な合併症を起こすと言われています。

以前日本で使用されていたJDS値による 6. 1 パーセントは、国際標準のNGSP値では +0.4 の 6. 5 パーセントとなります。ほとんどの学術論文ではNGSP値が使用されています。2012年4月1日以降は日本でも「HbA1c≧6.5%(NGSP値)を糖尿病型と判定」に変更されました。
ページの先頭へ
*
■2型糖尿病
糖尿病には 1 型と 2 型があります。

2 型糖尿病は糖尿病患者の 9割を占める一般的な糖尿病で、生活習慣が原因となって成人後に発症します。高カロリーの食事や運動不足、ストレスなどが発症リスクを高めます。家系または遺伝的体質も影響します。近親者に糖尿病の人がいる方は、特に生活習慣に気をつける必要があります。

この糖尿病はインスリンは分泌されるのですが、インスリンの働きが悪く血糖値のコントロールが上手くいかず血糖値が上昇するものです。インスリン分泌は、正常値より高い場合もありますが、身体がインスリンに抵抗を示すため、必要なインスリンが不足します。

一方、 1 型糖尿病は、多くが小児期、青年期に発症するウィルス感染などが原因の疾病で、血糖値を調節するホルモンのインスリンが欠乏するものです。

ページの先頭へ
*
■耐糖能障害 / 耐糖能異常
◎耐糖能障害は、血糖値を調節するホルモンのインスリンの働きがうまくいかず、食べ物から消化吸収した糖分を、体の筋肉などの組織でうまく利用できなくなります。このため、血糖が上昇しやすい状態です。糖尿病と診断される直前の状態 ( 境界 ) です。

◎日本糖尿病学会の診断基準では、耐糖能異常は、空腹時血糖値が 110 mg/dl 以上、あるいは、糖負荷試験( 75g のブドウ糖を服用 ) の 2 時間値が 140 mg/dl 以上とされています。

ページの先頭へ
*
■血糖値を下げるためには生活習慣の改善が重要
血糖値が高めの場合は、まず生活習慣を見直すことが大切です。

禁煙、節酒(過度の飲酒を避ける)、健康的な食習慣、運動習慣、口腔内のケア、健康体重を心がけてください。

まず過体重か肥満の場合は減量が必要です。通常、体格指数(BMI)が18.5〜25以下を健康体重とします。

全粒穀物(玄米や全粒粉パン、シリアルなど)や野菜・果物(*)の豊富な血糖値の上昇し難くい低GIの食事が血糖値の管理に役立つとされます。他に、ナッツや豆類も食物繊維やミネラルが豊富です。脂肪の多い魚も炎症の抑制に役立ちます。*ぶどうは除く

運動習慣は筋肉を増強しインスリンの働きを向上させます。1日に30分間以上の適度な運動を週に5回以上することが推薦されています。

歯周病は糖尿病のリスクを高めます。歯と歯茎、歯間のケアをしっかりしましょう。

■サプリメント
血糖値が高めの方のためのトクホ食品は、主に食物繊維の働きで、小腸でのブドウ糖の吸収を抑え食後の血糖値の急上昇を防ぎます。

他に、予備軍の方の血糖値の調節を補助するサプリメントとしては、食後の血糖値の上昇を抑えるとされるギムネマ、桑の葉、インスリンの働きを活性化するクロム、インスリンの構成成分の亜鉛、他に血糖値の正常化に役立つとされるアガリクスやノニなどがあります。

多くの疫学研究で、コーヒーをたくさん飲む人で糖尿病のリスクが低くなることが報告されています。
*
糖尿病型と診断される場合は治療は医師の指導で行なってください。サプリメントを使用する場合も医師に相談しましょう。

*
ページの先頭へ

血糖値が気になる方のためのサプリメント

【食後血糖値の上昇を抑える】
サラシア/サラシア・オブランガ
菊イモ/イヌリンギムネマ桑の葉
グァバ/グァバ茶ポリフェノールフィチン酸マイタケ
*
【インスリンの働きを良くする】
クロム黒酢バナジウム
カイアポ芋コーヒーダークチョコレート
*
【ブドウ糖の吸収を抑える】
食物繊維
*
【インスリンの働きを補助する】
バナバ
*
【血糖値を下げるために役立つとされる】
アガリクス冬虫夏草霊芝ノニメシマコブアロエ
*
【血糖値が高くなると吸収が悪くなる】
亜鉛
*
ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

血糖値が気になる

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


糖尿病や肥満症などでカロリー摂取制限を必要とする方に適した糖分(糖類)ゼロの低カロリー甘味料です。

*

最新トピックス


関連トピックス

【オリーブオイルが糖尿病を予防!? マヨネーズは置換えを!】7/14/2015
【毎日 1〜2 杯のコーヒーが糖尿病を半減!?】7/6/2015
【卵と乳製品が糖尿病を予防!?】4/9/2015
【糖尿病の予防には減量より日光浴が重要!?】2/25/2015
【「座らない」が健康長寿の秘訣!?】1/20/2014
【麦飯とコーヒー、食習慣が糖尿病のリスクを半減!?】1/16/2014
【血液型 B 型 は糖尿病のリスクが高い!?】1/13/2014
【メタボ対策に低 GI 食品は必要なし!?】12/17/2014
【週に 5 日の「部分断食」で減量!?】12/4/2014
【中年の糖尿病予防が晩年の記憶力の低下を防ぐ!? 】12/2/2014
【日光浴が肥満と糖尿病を予防!?】10/28/2014
【乳製品が血圧と血糖値を下げる!?】9/19/2014
【ゼロカロリー甘味料が肥満と糖尿病の原因!?】9/18/2014
【ナッツ類が中性脂肪値、血糖値を改善!?】7/31/2014
【大豆がメタボを予防、コレステロール値を改善!?】7/25/2014
【痩せたいなら室温は低く!「寒さ」が燃焼系脂肪を増やし肥満を防ぐ!? 】6/30/2014
【朝食は最も重要な食事 !?】6/7/2014
【"辛い"カレーは肥満を防ぎ寿命を延ばす「健康長寿の薬」!?】5/27/2014
【痩せたいなら「 1 日 2 食だけ」が効果的!?】5/20/2014
【地中海式食事法は血圧、血糖値、コレステロール値を改善!】5/15/2014
【「もう 1 杯」のコーヒーが糖尿病のリスクを低減!】4/24/2014
【長男は「メタボ」のリスク大!? 】2/8/2014
【簡単な検査が「かなり将来」の糖尿病の発症を予測!?】1/28/2014
【赤ワイン、パセリ、セロリが糖尿病と生活習慣病を予防、善玉ホルモンも増やす!?】1/20/2014
【ストレッチや筋トレが糖尿病を予防!】1/17/2014
【サバやサケは糖尿病も予防!?】1/15/2014
【1 カ月の禁酒で体重とコレステロール値が減少、睡眠も改善!?】1/7/2014
【年末年始の過食による健康被害を運動が防ぐ!】12/16/2013
【 5 つの習慣、特に運動が、知力の低下を防ぎ健康長寿につながる!?】12/13/2013
【コーヒーが糖尿病の予防】11/24/2013
【運動が糖尿病患者の寿命を延ばす!不活発な生活はリスクが 3 倍に】11/15/2013
【糖尿病は脳の機能不全も原因!?】11/7/2013
【正常値でも血糖値を下げることが記憶力を高める!?】10/24/2013
【「おやつ」は午後 3 時半がお勧め!?血糖値の上昇を抑える】9/26/2013
【フルーツが糖尿病を予防! ジュースは逆!?】8/31/2013
【低脂肪牛乳は血糖値の上昇を防ぎ、血管を守る!】8/28/2013
【乳製品が糖尿病を防ぐ!?】8/21/2013
【 "徒歩か自転車"で通勤が高血圧、糖尿病を半減!?】8/19/2013
【「たっぷりの朝食」が高血圧と肥満を防ぐ!】8/7/2013
【緑茶が血糖値を下げ糖尿病を予防!】8/6/2013
【日本人は糖尿病を発症しやすい!?早期の治療が必要!?】6/29/2013
【週末の朝寝坊は健康によい習慣!? 糖尿病を予防!】6/21/2013
【肉食は糖尿病に関係!? 魚油が改善!】6/20/2013
【朝食抜きは体重増加と糖尿病のリスクを高める!?】6/17/2013
【ココアが中性脂肪を減らして体重増加を防ぐ!?】6/16/2013
【食後のちょこっと散歩が血糖値を抑える!?】6/13/2013
【健康のための運動は週に 12 分間で十分!?】6/1/2013
【魚油サプリが心筋梗塞、糖尿病を予防!】5/23/2013
【豚・牛肉が好きな男性は糖尿病のリスクが 5 割増 !?】5/22/2013
【腸内細菌が体脂肪を減らし糖尿病を予防!?】5/15/2013
【ウォーキングはランニングと同等の健康効果あり !?】4/5/2013
_≫HOTトピックスの続き

*

スポンサード リンク