アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 血液サラサラ

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***
***ドロドロを解消、サラサラにしたい方にお勧めのサプリメント***
***コレステロールが気になる方のためのサプリメント***

血液サラサラ

■血液サラサラと健康 | 血液サラサラのためのサプリメント

血液サラサラと健康

■血液サラサラとは
◎血液ドロドロ、血液サラサラとは、血液の流れの状態を指します。

◎血液の流れの状態を見ることができる、毛細血管を模した血流測定装置・MC FAN(血液流動性測定装置)の開発され、テレビの健康番組等で使われたため、一般にも使われるようになった表現です。特に医学的に認められた表現ではありません。
ページの先頭へ
*
■日本人の半数が血液ドロドロ
◎東京女子医科大学附属成人医学センターは、この装置を導入している医療機関ですが、同センターの調査では、「血液ドロドロ」の悪い状態の人が約半数、「血液サラサラ」の良い状態の人が約3割だったといいます。(2003年)

◎「血液ドロドロ」といっても、いくつかの原因とタイプがあるといいます。過度のストレス、不規則な生活、疲労が主な原因の「ベタベタ血液タイプ」、糖尿病の人がなりやすい「ネバネバ血液タイプ」、アルコールの飲み過ぎや糖分の取り過ぎによる「ザラザラ血液タイプ」、悪玉コレステロールが多くなると発生しやすい「ツブツブ血液タイプ」など。
ページの先頭へ
*
■血流が悪いことの問題点
◎血流が悪い直接の原因には、血小板が凝縮しやすい、白血球がくっつきやすい、赤血球の柔軟性が低下し変形しにくくなっている、などがあります。

◎血流が悪いことの問題として、血液の塊である血栓が出来やすくなることがあります。血管に動脈硬化症状があると、特に問題となってきます。血栓が血液とともに流れて血管に詰まると、場所によっては命に関わる危険もでてきます。

◎日本人の死因の上位を占める脳血管疾患(脳梗塞など)と虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)の主な原因は、動脈硬化と血栓形成です。
ページの先頭へ
*
■日常の生活習慣に問題
◎血流が悪いことは、日常の生活習慣に問題がある可能性を示唆します。

◎ストレス、たばこ、過度の飲酒、激しい運動、疲れなどは活性酸素を発生させ、血管を傷つけ、血栓発生の直接の原因になります。

◎暑い季節など、水分の不足は、血液の濃度を増し、ドロドロの状態にします。

◎糖分やアルコールの取りすぎで、血液中の糖質(血糖値)が上昇しても、血液がドロドロの状態になります。

◎動脈硬化の原因物質のひとつで、加齢とともに増加するといわれる血液中のホモシステインが、増加しても血栓ができやすくなります。
ページの先頭へ
*
■血液サラサラのために
【食品と栄養成分】
◎血液サラサラ食材として、最も知られているのは、納豆、タマネギ、ニンニクでしょう。

◎納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓を予防、改善する作用があります。

◎タマネギに含まれるケルセチンは毛細血管の血流を改善し、毛細血管を丈夫にする作用があります。ケルセチンはビタミンPと呼ばれますが、ソバに多く含まれるルチンもこの仲間で、同様の作用があります。

◎ニンニクに含まれるスコルジニンに、抹消血管の血流を改善する作用があります。
◎青魚に多く含まれる、オメガ3系(n-3)不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)/EPA(エンコサペンサエン酸)は血液をサラサラにする効果があります。

◎ブルーベリーやカシス、黒豆などに含まれるアントシアニンにも抹消血管の血流を改善する作用があることが報告されています。

◎活性酸素を除去(不活性化)する抗酸化成分では、抗酸化成分の代表ビタミンC、Eや、コエンザイムQ10やαリポ酸などがあります。

◎ビタミンB群の葉酸、ビタミンB6、B12には、ホモシステインを減らす効果があるといわれます。

水分をまめに摂取することも役立ちます。高齢者はのどの渇きが感じにくくなりますから、お茶を飲む機会を多くするなど心がけてください。
ページの先頭へ
【生活習慣の改善を】
◎長時間、同じ姿勢を続けていても、脚の静脈に血栓が出来やすくなります。乗り物の中で長時間過ごす、あるいは入院のなどで長時間にわたり安静にしているようなときは、努めて、時々、軽く身体を動かすようにしましょう。通称エコノミークラス症候群は、これが原因です。

◎ストレスや過度の運動、過労、不規則な生活も、血液がドロドロ状態の原因になります。

◎コレステロール値、中性脂肪値、血糖値に問題がある場合は改善をはかりましょう。
ページの先頭へ

血液サラサラのためのサプリメント

【血栓予防】
DHA/EPAナットウキナーゼニンニクココア
*
【毛細血管の血流改善】
ケルセチンルチンブルーベリー(アントシアニン)
*
【活性酸素を除く】
ビタミンEビタミンCコエンザイムQ10α(アルファ)リポ酸
リザベラトロール、プロアントシアニジン(赤ワイン、グレープシードエキス)
松樹皮エキス(ピクノジェノール、フラバンジェノール、エンゾジノール)
「抗酸化」の項で他の抗酸化物質を紹介しています。
*
【ホモシステインを減らす】
ビタミンB群B6B12葉酸
*
ページの先頭へ

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

血液サラサラ

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ

Web www.rda.co.jp

*

*


最新トピックス


関連トピックス

【長距離旅行は危険な血栓症のリスクを3倍に!! 】7/7/2009
【排気ガスが致死的なエコノミークラス症候群の原因に】5/13/2008
【週に 1 回の運動が血液をサラサラにして致死的な血栓症を予防】11/21/2007
【ビタミンE に危険な血栓症、エコノミークラス症候群の予防効果】9/16/2007
【オリーブオイルが血液をサラサラに、心筋梗塞や脳梗塞を予防に役立つ】8/22/2007
【動脈疾患の心臓発作や脳卒中の予防に 2 薬の併用は効果なし】7/19/2007
【 4 時間以上の長旅は致死的な血栓症のリスクが倍増】6/29/2007
【脳卒中の後の血栓症の予防にエノキサパリン】4/21/2007
【ココア、チョコレートが血管を柔軟に若返らせる】3/24/2007
【動脈硬化が心臓発作、脳卒中のリスクを驚くほど高くする】3/23/2007
【禁煙は血管を柔軟にして若返らせる】3/20/2007
【睡眠時無呼吸が 『 隠れ脳梗塞 』 のリスクを高くする】3/18/2007
【パソコンを使うオフィスワーカーは血栓症のリスクが高い。血液サラサラを心がけて】3/13/2007
【歯周病の治療が血管を柔軟にして血流を改善】3/01/2007
【チョコレートに血液サラサラ効果。アスピリンと同様に血小板に作用】11/15/2006
【コレステロールの治療薬のスタチンが脳卒中、心臓発作をラサラ効果】9/23/2006
【脳卒中の発生しやすい朝夕の2時間】8/18/2006
【フラボノイドを豊富に含むココアは血管を若く健康に維持するのに有益、特に50歳以上の人々の血管機能を改善】8/02/2006
【男性で高いエコノミークラス症候群---血栓症---の再発リスクと、血栓発生のリスク予測テスト】7/30/2006
【海藻のヌルヌル成分、フコイダンに血栓を防ぐ血液サラサラ効果】6/08/2006
【ボケ、痴呆の予防には血液サラサラが重要。脳の塞栓が認知症の原因に】4/29/2006
【長時間の空の旅の恐怖、エコノミークラス症候群のリスクをフライトソックスが9割減らす】4/24/2006
【エコノミークラス症候群に新理論】3/10/2006
【セルフ・トリートメントで心臓発作等による死亡率大幅減】2/6/2006
【1週間の禁煙で血管の健康が回復】9/23/2005
【アラキドン酸、DHAに、心臓への血流、血液供給の改善効果】9/23/2005
【ココアに血栓を防ぎ心臓血管疾患を予防】8/30/2005

*


スポンサード リンク