アライブ!サプリメントカフェ

ホーム> サプリメントの基礎知識

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***マルチビタミン&ミネラルのサプリメント***
***メタボリック -- 血圧、コレステロール値、血糖値、中性脂肪値、腹部肥満 -- が気になる方のサプリメント***

サプリメントとは何か

■サプリメントとは何か
■サプリメントのの定義
■サプリメントの品質
*
■サプリメントとは
◎日本でサプリメントといえば、一般的に栄養補助食品をさします。英語のダイエタリー・サプリメントDietarySupplementを略したもので、良好な健康状態を維持するのに食事では十分に摂取できない栄養素を補う食品ということです。他に特定の効果を期待して一定量を摂取するものもあります。

◎ライフスタイルの変化で加工食品を多く利用するようになりミネラルが不足したり、栽培方法や土壌の変化で野菜などの栄養価の低下が見られ、食事だけで十分な栄養素を摂取することが難しくなったこともあり、サプリメントが広く利用されるようになってきました。

◎サプリメントといえば、アメリカ(USA)です。アメリカのサプリメント事情については別項に記しますが、「オプティマムヘルス(最も望ましい健康状態)」の実現や「できるだけ元気で活力にあふれた積極的な人生を送りたい」というアメリカ人らしい価値観が、積極的なサプリメントの利用のベースにあります。

◎一方、日本では健康食品といえばどちらかというとシニア世代が身体の不調に対処するためや長寿のために利用するものというイメージがありました。最近では若い世代まで利用されています。

◎ある調査(*1)によるとビジネスパーソンの3人に1人は身体の不調を感じており、半数以上が何らかのサプリメントを摂取しいるといます。日常の健康管理にサプリメントは欠かせないものになりつつあるようです。
ページの先頭へ
*
■サプリメント(健康補助食品)の定義
◎米国では食品と医薬品の間に、サプリメントという分類があり、法律(DSHEA法1994年)で「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等の栄養素を1種類以上含む栄養補給のための製品」と定義されており、形状も錠剤やカプセルなど食品とは違うものとされています。

◎日本では口から体内に入れるものの区別は食品と医薬品だけです。健康補助食品は食品に分類され「食薬区分」で医薬品に分類される原料を含有していなければ(自己申告です)、特別な承認を必要とせず製造販売できます。ただし病気の予防、治療を目的としては(パッケージ等に効能を表記しては)いけないことになっています

◎日本におけるサプリメントの定義としては旧厚生省が2000年に報告書で使用した「栄養成分を補給し、または特別な保険の用途に資するものとして販売する用に供する食品のうち、錠剤、カプセル等通常の食費の形態でないもの。範囲はビタミン、ミネラル、ハーブ、その他の食品成分」という一文があります。

◎健康食品、サプリメントは効能表示を禁止されていますが、健康食品のなかでも一定の基準を満たしている栄養機能食品、審査を通過した特別健康食品(トクホ)などは保健機能食品とされ、機能表示をすることができます
(*1)「ビジネスパーソンの健康意識」日経コンサルティング2004年7月
ページの先頭へ
*
■サプリメントの品質と信頼性
◎サプリメントは食品ですから、トクホを除いて特に審査はありません。表示された成分が表示通りに含有されているかは、販売元、製造元が信頼できるかどうかことになります。効果、効能については法律で表示が禁止されていますので、自分で成分について調べることが大切です。

◎最近の健康ブームで、様々な栄養素の効能が情報として多く提供されています。手軽に目的の栄養素を補給できるサプリメントが大変人気です。あるTV番組がきっかけでブームに火がついた抗酸化、アンチエイジング(抗老化)の栄養素(ビタミン様物質)コエンザイムQ10製品などは店頭から消えるほどの人気でしたが、一方で含有量がほぼゼロの製品が摘発されたりとサプリメントの品質も話題になりました。

◎2005年5月に日本に上陸した米国の消費者団体、コンシューマー・ラボ(会員制)の調べで、市場に流通する14種の高麗ニンジンのサプリメントを分析したところ成分が表示どおりではなかった製品が6種もあったというレポートがありました。

◎財団法人日本健康・栄養食品協会はロイヤルゼリーなど約50種類の健康食品について、メーカーが依頼した場合、審査した上で含有成分保証の認定マーク(JHFA)を発行しています。品質の継続的な保証とはいえないところが難しいところです。

◎今のところ、信頼できるメーカー、製品は最低、含有成分、含有量、原材料、賞味期限、製造・販売業者名と連絡先が明記されていること。品質の劣化や異物混入がないようにパッケージがしっかりしていること、などが選ぶ基準の目安になります。
ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメントの基礎知識

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの摂取方法

サプリメントの選び方

サプリメント事情

ライブラリ

Web www.rda.co.jp



スポンサード リンク