アライブ!サプリメントカフェ

ハーブ > ハーブのパワーを利用しよう

ハーブのパワーを利用しよう

***アロマテラピー・精油*** ***ハーブティ*** ***ハーブサプリメント***

ハーブティの入れ方

◎私たちがハーブの薬効を手軽に利用する方法としては、ハーブティやアロマオイルを利用したアロマテラピーでしょう。アロマテラピーについては別項(>>>アロマテラピー)を参照ください。
[入れ方]
◎フレッシュ(生)、またはドライ(乾燥)のハーブをポットに入れ、熱湯を注ぎ、3〜10分ほど待ちます。この際、揮発性の成分が蒸発してしまわないように、必ずフタしてください。ハーブティを楽しむ場合はフレッシュでは3分、ドライで5分程度で十分ですが、より多く成分を抽出したい場合や乾燥果実などでは、長めに抽出時間をとったほうが良いようです。少し煮出したほうが良い場合もあります。
◎ハーブの量は一人分、ドライハーブでティスプーン山盛り1杯(約3g)、フレッシュハーブではこの3〜5倍ぐらいです。
◎果実は事前に砕いておいたほうが抽出が早くできます。フレッシュハーブでも少し小さくちぎっておくと良いようです。
◎ドライハーブのカモミール、ミント、レモンバーム、ローズヒップ、ルイボス、ハイビスカスなどは通常のお茶売り場でティーバックで販売されています。ティーバックのハーブは1.5gぐらいのものも多いようです。ハーブティを入れる前に確認してください。
◎フレッシュハーブは庭や鉢で手軽に栽培できますが、ミントやローズマリー、セージなど、野菜売り場のハーブコーナーで入手できます。

*


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
アロマとハーブのお買物のお手伝い

ハーブ

  • ハーブの歴史
  • ハーブ一覧
  • 目的別アロマテラピー&ハーブティ
  • ハーブのパワーを利用しよう

    ライブラリ