アライブ!サプリメントカフェ

アロマテラピー > アロマテラピーの方法 > マッサージ

アロマテラピーの主な方法

■芳香浴(香り)■沐浴(入浴、足浴、手浴)■マッサージ■吸入&スチーム■湿布

マッサージ

◎キャリアオイルで精油を薄めたマッサージオイルでリンパや反射区、経絡をマッサージします。精油を直接肌につけることは絶対にしないでください。尚マッサージの前に>>パッチテストを忘れずに行なってください。
*
【マッサージオイルの作り方】
◎キャリアオイル(希釈油)---ホホバオイル、アーモンドオイル、グレープシードオイル、アプリコットオイルなど---20mlに対して精油を5滴以下まで入れてまぜて使用してください。もし余ったら遮光瓶に入れて冷暗所に保存し、できるだけ早く(3週間以内に)使い切ってください。
*
【マッサージ方法】
◎マッサージオイルを手の平に取り、手をこすり合わせてオイルをあたたてマッサージします。スウェーデンマッサージ(エアルラージュ)と呼ばれるゆっくりとソフトに肌をなでるようなマッサージを基本とします。他に目的に応じて各種手法(下記)を使用します。オイルの成分が浸透する時間(30分ほど)をおいて余分なオイルをふき取ります。
*
エアルラージュ:手のひらを肌に密着させて、肌の表面を優しくさする方法。リラックス作用があります。
ペトリサージュ:肉をつかんで筋肉や皮下脂肪を揉みほぐす方法。新陳代謝を促します。
フリクション:エアルラージュより力を入れてさする方法。内臓まで刺激が届きます。
タポートマン:力を抜いて小指側の手の側面で軽く叩く方法。血行を良くします。
プレッション:手のひらに自分の体重をかけるようにゆっくりと圧迫する方法。鎮静効果があります。
*
◎マッサージの前にリンパ節を軽く押しておくとより効果的です。リンパ節は鎖骨のくぼみ、わきの下、脚の付け根、ひざ裏、アキレス腱にあります。
*
(注意:マッサージは鍼灸師の有資格者のみが使える言葉です。エステ等ではトリートメントという言葉がよく使われます)。
***アロマテラピー・精油・オイルのご購入はこちら***

ページの先頭へ

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
アロマとハーブのお買物のお手伝い

アロマテラピー

アロマテラピーの方法

精油(アロマオイル)

目的別アロマテラピー&ハーブティ

注意事項

ライブラリ

Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク