アライブ!サプリメントカフェ

アロマテラピー > アロマテラピーの方法 > 沐浴(入浴、足浴、手浴)

アロマテラピーの主な方法

■芳香浴(香り)■沐浴(入浴、足浴、手浴)■マッサージ■吸入&スチーム■湿布

沐浴

【入浴】
◎お風呂のお湯に精油を溶かして入浴します。精油をそのままお湯にいれても溶けません。キャリーオイルと呼ばれる希釈油(ホホバオイル、アーモンドオイルなど、キッチンのオリーブオイルでも可)5mlに精油3〜5滴を混ぜてお湯に入れるとよく混ざります。キャリーオイルの他、身近なものでは天然塩(大匙2)、牛乳(100ml)やはちみつ(大匙2)に精油を混ぜてお湯に混ぜてもお肌がしっとりします。
*
【半身浴】
◎みぞおちの下ぐらいまでのお湯につかる方法です。全身浴と同じですが、精油は4敵以内にしてください。肩に乾いたタオルなどをかけると上半身の冷えを防げます。
*
【足浴】
◎洗面器などに足首がつかるぐらいのお湯を入れ精油2滴以内を溶かし15〜30分ぐらい浸す。足の疲れや冷えに効果的です。精油は希釈油等に溶かしてから利用してください。
*
【手浴】
◎洗面器などにお湯をはり精油2滴以内を溶かし、手首をお湯に10分ほど浸す。手あれ、肩こり、腕の疲れ、冷えなどに。精油は希釈油等に溶かしてから利用してください。
*
【ひじ浴】
◎洗面器などにお湯をはり精油2滴以内を溶かし、ひじをお湯に10分ほど浸す。肩こり、腕の疲れ、冷えなどに。精油は希釈油等に溶かしてから利用してください。

ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
アロマとハーブのお買物のお手伝い

アロマテラピー

アロマテラピーの方法

精油(アロマオイル)

目的別アロマテラピー&ハーブティ

注意事項

ライブラリ

Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク