アライブ!サプリメントカフェ

アロマテラピー、ハーブ > 目的別のアロマテラピー&ハーブティ > ストレス

***アロマテラピー・精油*** ***ハーブティ*** ***ハーブサプリメント***

ストレスのためのアロマテラピー&ハーブティ

◎ストレスは環境の変化により緊張や不安が生じることにより発生します。ストレスにより自律神経がバランスを崩すと、さまざまな身体的、精神的な症状をひいき起こします。アロマテラピーは自律神経を司る視床下部に働きかけ機能を回復させます。ストレス状態では理性を司る大脳新皮質が優位になり、大脳辺縁系を抑え込む状態となっています。香りは大脳辺縁系に働きかけ、エネルギーを回復させます。
◎ストレスに負けそうなときはもとより、ストレスに対処するためにもアロマテラピーやハーブティを活用してリラックスタイムをもってください。

アロマテラピー

◎リラックス効果のあるラベンダー、プチグレンは神経の緊張を鎮め自律神経のバランスを整えます。気持ちを落ち着かせるシダーウッドなどウッド系の香りも良いでしょう。ネロリはセロトニンの分泌を促し、気分をリラックさせます。
◎元気が出る柑橘類(ex.グレープフルーツ、ベルガモット、オレンジ)、頭の働きをよくするローズマリやペパーミントなどをお部屋の芳香(香り)に使用したり入浴に利用してストレスに対処してください。
*

*

ページの先頭へ

ハーブティ

【リラックス/ストレスによる心身症状の緩和】
リンデン---高血圧
カモミール---消化器官
ラベンダー---高血圧
*
【リラックス】
レモンバームホップ
*
【リフレッシュ】
ローズヒップペパーミントローズマリー
*
【抗ストレス】
高麗ニンジンを煎じたお茶
*
*


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
アロマとハーブのお買物のお手伝い

関連の目的・症状&サプリメント

ツボ

アロマテラピー

方法

精油

注意事項

ハーブ

ライブラリ