アライブ!サプリメントカフェ

アロマテラピー、ハーブ > 目的別のアロマテラピー&ハーブティ > 花粉症

***アロマテラピー・精油*** ***ハーブティ*** ***ハーブサプリメント***

花粉症のためのアロマテラピー&ハーブティ

◎スギなどの植物の花粉に免疫が過剰反応して、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状がでます。ハウスダストや科学物質にたいするアレルギーもあります。

アロマテラピー

◎鼻づまりやノドのかゆになどの症状には、消炎作用のあるペパーミントやユーカリ、ティトリー、ローズマリーをスチーム吸引すると楽になります。ティッシュやハンカチに精油を垂らして静かに吸ってください。ティトリーは免疫系の働きを調整します。精油を希釈油(精油1滴当たり約5ml)で薄めて首に塗っても楽になります。
吸入 ◎ジュニパー、バラは毒素の排出を促進するとされます。
◎ストレスから引き起こされたアレルギーによる花粉症にはカモミールやラベンダーのリラックス効果を利用します。
*
*

花粉の季節のグズグズに!ユーカリ、ティトゥーリー、ペパーミントの 3 本セット(各1ml)。

ページの先頭へ

ハーブティ

◎花粉症に効果があるとされるハーブは以下の通りです。
◎初期の抗体の生成を抑制するネトルは花粉が飛ぶ時期の2〜3週間前から飲み予防しましょう。
*
◎症状が出てしまったら、ヒスタミンの抑制する甜茶や、ヒスタミン、ロイコトリエンを抑制するシソローズマリーのお茶を飲むと良いでしょう。
◎他に症状の緩和にはノドや鼻の消炎効果のあるペパーミントユーカリがあります。
*
◎他にレモンバームエルダーフラワーも良いとされます
*

*
ページの先頭へ

*
スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
アロマとハーブのお買物のお手伝い

関連の目的・症状&サプリメント

アロマテラピー

方法

精油

注意事項

ハーブ

ライブラリ