アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > アンチエイジング

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***老化、アンチエイジングのためのサプリメント***
***レスベラトロールのサプリメント***

アンチエイジング/抗加齢

■老化とアンチエイジング | ■アンチエイジングのためのサプリメント

老化(エイジング)とアンチエイジング

■老化はなぜおこる?
◎老化は誰も避けられないものですが、加齢の影響を遅らすこと、そして身体も頭も機能を維持して健康に加齢すること(サクセスフル・エイジング)に関心がもたれています。老化を遅らすことを、アンチエイジングまたは抗加齢、抗老化と言います。

◎老化は加齢によって起こる様々な現象をさします。老化の原因は明らかではありません。主な2つの説として、遺伝子に組み込まれているとするプログラム説と身体に生じる障害の蓄積が老化を引き起こすとする生体障害説があります。

◎近年、多くの研究者が生体障害説の中の活性酸素障害説を支持しています。活性酸素障害説とは、生体内で発生した活性酸素が、細胞や遺伝子などに様々な障害を与え、それが蓄積し、生命活動が低下することが老化の原因であるという仮説です。

◎活性酸素による細胞障害が原因の老化をスローダウンさせるには抗酸化物質の摂取が有効でしょう。
ページの先頭へ
*
■老化は血管からはじまる
◎老化は血管から始まるともいわれ、その特徴的症状が動脈硬化です。活性酸素によるLDLコレステロールの酸化や過酸化脂質が血管を傷つけそこに脂質が蓄積することが原因です。ビタミンE、C、コエンザイムQ10など抗酸化物質を摂取することが酸化を防ぎます。

◎活性酸素のダメージを受けやすいとされるのが脳や目です。加齢による目の疾病である黄斑部変性症も可視光線による光老化、活性酸素の障害だといわれ、ルテインなどの抗酸化物質がこれを防ぎます。

◎脳の抗酸化物質としてはアントシアニンやαリポ酸、イチョウ葉エキスなどがあります。紫外線により肌に発生する強力な活性酸素である一重項酸素にはリコピンやアスタキサンチンなどの抗酸化物質が効果的です。

◎このように、身体の部位によって働く抗酸化物質は異なってきますので、ビタミンやゴマなどのポリフェノールのような抗酸化栄養素を組み合わせて摂取するとよいでしょう。(>>>参照;抗酸化
ページの先頭へ
*
■遺伝子の障害が細胞の再生を狂わす
◎人間の身体を構成する細胞の寿命は部位によって異なりますが、平均すると2年程度(皮膚の細胞は28日)といわれます。細胞の再生の繰り返しで、私たちの身体は維持されています。

◎加齢によって細胞再生の指令に狂いが生じるのも老化の一因とされます。細胞に指示を出すのは遺伝子の中にあるDNA/RNAです。私たちの身体は自分で核酸(DNA/RNA)を作り出すことができますが、加齢とともに生産能力が低下します。

◎DNA/RNAをサプリメントとして経口摂取すると補うことができます。シラスや魚卵の他、アスパラガスやほうれん草にも多く含まれます。
◎細胞の正常な再生を促進する栄養素としては他に亜鉛や、ビタミンB群(ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビオチン、葉酸、ビタミンB12)が必要です。
ページの先頭へ
*
■若さに関係するホルモン
◎ホルモンにも抗老化作用が示されているものがあります。代表的なものには、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)、プレグネノロン、メラトニンがあります。

◎特に副腎で産生され体内に最も多く存在するステロイドホルモンであるDHEAは投与は、高齢者の肥満、うつの改善に有効であるという報告があります。日本ではホルモンはサプリメントとしての販売が認められていません。またホルモンはホルモン依存のガンなどを促進するので注意が必要です。

◎若さを象徴するホルモンとして成長ホルモンがあります。20歳を過ぎると急激に分泌が減少しますが、成長ホルモンリリーザーと呼ばれる一群のアミノ酸が分泌を促すことが知られています。
ページの先頭へ
*
■若さは瑞々(水々)しいこと
◎若いということは、身体に水分がたっぷりと存在していることともいえます。加齢で身体の保水成分が減少し、保水能力が低下します。1日 1. 5 リットル程度の水分のこまめな摂取と保水能力を高める成分の摂取が効果的です。

◎保水能力を高める成分としてはネバネバ成分のムコ多糖類があります。ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸が効果的です。亜麻仁油やシソ油などのn-3脂肪酸も良いでしょう。
ページの先頭へ
*
■皮膚、脳、骨と関節のアンチエイジング
◎加齢とともに失われる肌のハリの維持、関節の軟骨の維持にはコラーゲン、特に低分子タイプのものが役立ちます。コラーゲンの合成に必要なMSMやビタミンCと一緒に摂取してください。肌等に関するアンチエイジングは「美しい肌、髪、爪」「しみ」「しわ・たるみ」を参照ください。
ページの先頭へ
*
◎身体にも増して気になるのが脳の若さ維持でしょう。脳は酸化しやすい部位ですから抗酸化物質は必須です。詳しくは「脳の健康」を参照ください
*
◎加齢とともに衰えるものに骨の密度や関節のクッション作用(軟骨)があります。「骨の健康」「関節の健康}を参照ください。
*
■腸の健康は若さ維持の秘訣
◎腸は免疫、脳の働きと密接な関係があります。加齢で腸内細菌のバランスが崩れていきます。悪玉菌が増え、免疫力が低下するといわれます。乳酸菌はしっかり摂取したい栄養素です。(「免疫力向上」参照)

*
ページの先頭へ
*
アンチエイジングのためのサプリメント_次ページ≫≫

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

アンチエイジング

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ





Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【唐辛子、スパイスが寿命を延ばす!?】8/8/2015
【健康長寿に 13〜19 歳の運動が重要!?】8/3/2015
【老化速度に大きな個人差!? 】7/9/2015
【 5 日間のプチ断食で身体も脳も若返る!? 】6/26/2015
【十分な睡眠は若さ維持の秘訣!?】6/15/2015
【小量のナッツ類が寿命を延ばす!?】6/12/2015
【グレープフルーツが血管年齢を若返らせる!?】6/10/2015
【魚油が筋肉量減少と筋力低下を予防!?】6/02/2015
【カモミールティーに長寿効果!?】5/26/2015
【運動に強力な長寿効果、死亡リスクを半減!?】5/19 /2015
【 2 分間歩くことが寿命を延ばす!?】5/1/2015
【穀物繊維が寿命を延ばす!?】3/25/2015
【毎日のコーヒーは健康長寿の秘訣!? 日本人の大規模研究が発見!?】3/16/2015
【食事・運動・脳トレが認知症を予防!?】3/13/2015
【運動習慣が脳老化から運動能力を守る!?】3/12/2015
【30 代 40 代の体力が脳老化を防ぐ!? 】3/5/2015
【ピーナッツに健康長寿効果!?】3/3/2015
【長寿には脂肪減ではなく筋肉増が重要!?】2/19/2015
【赤ワインが記憶力の低下を防ぐ!? 】2/9/2015
【軽いジョギングは健康長寿の処方箋!?】2/3/2014
【コーヒー、紅茶、飲酒に長寿効果!?】1/24/2014
【「座らない」が健康長寿の秘訣!?】1/20/2014
【良い脂肪は運動機能の低下も防ぐ!?】1/17/2014
【毎日 20 分の早歩きで寿命が延びる!運動不足は肥満より危険!?】1/15/2014
【ナッツは長寿食品!?】12/23/2014
【毎日30分の運動が寿命を延ばす!?】12/21/2014
【ビタミンが聴力低下を防ぐ!?】12/9/2014
【地中海式食事法は老化を防ぎ、若さを保つ!?】12/5/2014
【中年の糖尿病予防が晩年の記憶力の低下を防ぐ!? 】12/2/2014
【ネットの使用が中高年の健康を守る!?】12/1/2014
【走るシニアは 20 歳の身体を維持!?】11/23/2014
【低カロりー食が脳老化を遅らせ、記憶と学習力を保護!? 】11/18/2014
【太った人は注意! 体重減少で骨折リスクが大幅増加!?】11/17/2014
【お尻が痩せると寿命が縮む!?】11/12/2014
【もう一つの長寿遺伝子は善玉コレステロールも増加!?】11/7/2014
【コーラが老化を加速!? 】10/18/2014
【毎日 6 千歩がひざ関節炎を防ぐ!?】10/6/2014
【健康長寿と転倒防止には水泳が有効!?】10/4/2014
【ミントの香りが寿命を予測!? 】10/2/2014
【果物に長寿効果!?】9/30/2014
【男性の幸福な人生のカギは妻の幸福!?】9/27/2014
【魚が聴力低下を防ぐ!?】9/20/2014
【バナナは脳卒中を防ぐ長寿食!?】9/8/2014
【健康長寿、若さ維持の秘訣は「立つ」こと!? 】9/6/2014
【お茶が寿命を延ばす!?】9/2/2014
【体脂肪率が高いほど長生きできる!?】8/30/2014
【地中海式食事法が健康長寿を延ばす!?】8/27/2014
【コーヒーに長寿効果!?】8/25/2014
【食物繊維が寿命を延ばす !?】8/22/2014
【健康長寿には「座る」を減じ「運動」を増す!?】8/4/2014
【 1 日 5 分のランニングに長寿効果!?】7/29/2014
【食習慣が健康寿命を延ばす!?】7/24/2014
【"オナラの臭い"は健康に良い!?老化を抑え、「がん、心臓発作、脳卒中、認知症」を予防する新戦略!?】7/11/2014
【 4 つの習慣で 10 歳若返る!?】7/9/2014
【魅力的なルックスの人々は健康でもある!?】7/2/2014
【長生きしたいならテレビは 1 日 2 時間以内に!?】6/26/2014
【赤ワインが記憶力を高める!?】6/10/2014
【断食に免疫力保護と若返り効果!? 】6/9/2014
【外国語学習が知力低下を防ぎ、脳を若返らせる!? 】6/3/2014
【「ゆるい菜食主義」で寿命が延びる!?】6/1/2014
【"辛い"カレーは肥満を防ぎ寿命を延ばす「健康長寿の薬」!?】5/27/2014
【運動が高血圧の人々の寿命を延ばす!?リスク半減】5/13/2014
【ひざ痛が不安なら掃除機をかけて健康長寿!?】5/1/2014
【満腹生活は寿命が縮む!? 腹 7 分目で健康長寿!】4/4/2014
【 20 代の「体力」が中年の「思考力と記憶力」の低下を防ぐ!?】4/3/2014
【健康長寿には毎日 560 グラム以上の野菜や果物を食べるべき!?】4/2/2014
【健康長寿を望むなら緑の野菜を食べよう! ビタミンK が死亡リスクを低減!?】3/31/2014
【少量から適度の飲酒は「健康長寿の薬」!?】3/27/2014
【健康長寿には「筋肉」が大切!?】3/22/2014
【肉や魚を食べることが健康長寿につながる!?】3/13/2014
【健康長寿のために「食事のお肉」を減らす?増やす?】3/5/2014
【魚油が寿命を延ばす!? 】2/18/2014
【お魚が脳を若く保つ!?】1/23/2014
【身体を動かそう!座ってばかりの生活は心臓に悪く寿命を縮める!】1/22/2014
【中年太りの原因と治療法を発見!?】1/6/2014
【笑顔で「福」だけじゃない「長寿」もゲット!?】12/31/2013
【「若返り薬」で 60 歳の身体が 20 歳に!?】12/21/2013
【 5 つの習慣、特に運動が、知力の低下を防ぎ健康長寿につながる!?】12/13/2013
【運動を始めるのに遅すぎはない! 60 代でも健康長寿の可能性が増加!?】11/27/2013
【"ナッツ"は長寿食品!?】11/21/2013
【体力の向上が、心臓発作を防ぎ、寿命を延ばす!】11/18/2013
【うつ病、精神的な苦悩が身体の老化を加速!?】11/13/2013
【地中海式食事は高リスクの人々にも延命効果あり!】11/6/2013
【 3 つの生活習慣で「若返り」が可能!?】9/17/2013
【長生きしたいなら『怒り』を我慢してはいけない!?】9/8/2013
【コレステロール薬に老化予防の効果!?】8/30/2013
【母親のDNA 損傷が子どもの老化を早める!?】8/26/2013
【"まじめ"な人は長生きできる!?】8/12/2013
【幸福な結婚は「健康で長生き」できる?】7/5/2013
【お茶やコーヒーの習慣が寿命を延ばす!】6/25/2013
【生活習慣が「見た目年齢」を 10 歳以上も若返らせる!?】6/7/2013
【長寿の秘訣は菜食主義!? 】6/5/2013
【 4 つの習慣が寿命を延ばす!? 】6/4/2013
【日光浴に老化防止の効果!?】5/26/2013
【女性が男性より長生きする理由!? 免疫力の老化が遅いから!?】5/24/2013
【「生野菜」が健康長寿に貢献!?】4/22/2013
【若さを保つ秘訣は「気が若い」こと !?】4/20/2013
【週に 2 回の鮭や鯖が寿命を延ばす !?】4/2/2013
【肥満は長生き!? 心臓病でも不健康でも「良好」!?】3/18/2013
【寿命を 150 歳まで延ばす不老薬!?】3/12/2013
【人気のランニングには健康長寿の効果あり!?】3/5/2013
【ネガティブな人は健康長寿!?】3/2/2013
【やはり長生きのカギは日光浴!?】3/1/2013
【太ももの脂肪がよぼよぼの老後を予言!?】2/27/2013
<_≫つづき

*

スポンサード リンク