アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > アレルギーを緩和したい

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***乳酸菌のサプリメント***
***マルチビタミン&ミネラルのサプリメント***

アレルギー

■アレルギーとは | ■アレルギー症状を緩和するサプリメント

アレルギーとは

■アレルギーとは
◎日本人の 3 人に 1 人、3000 万人が、食物アレルギーや、花粉症などの空気中の物質のアレルギー、喘息、アトピー性皮膚炎などに苦しんでいるといわれています。

◎先進国でアレルギーに悩む人々が増加しています。

◎人間の身体には、外から有害な異物が進入した際に、身体を守る免疫システムという働きがあります。多くの人にとって無害なものを、排除すべきものとして過剰に反応してしまう体質の人がいます。この異常な免疫反応をアレルギー反応といいます。
_≫参照:免疫力向上

◎アレルギー反応としては、涙目、眼のかゆみ、鼻水、皮膚のかゆみ、くしゃみなどがあります。じんま疹などの発疹や、かゆみを伴うこともあります。

◎アレルギーを起こす物質(アレルゲン)が皮膚や眼に付着したり、吸いこんだり、食べべたり、注射されたりすると、アレルギー反応が起きます。花粉がアレルゲンとして作用するのが花粉症です。

◎花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息(ぜんそく)が三大アレルギーと呼ばれることがあります。花粉症以外はアレルギーを持つ方に多く発症する傾向があるもので、アレルギーとは別のものです。
ページの先頭へ

*

■アレルギーのおきるメカニズム
◎アレルギーは最初にアレルギーを起こす物質(抗原)に接したときには症状は起きません。2度目にその抗原に接したときにおこります。

◎多くのアレルギーは、免疫システムが最初にアレルゲン(抗原)に接したときに免疫グロブリンE(IgE)と呼ばれる抗体がつくられます。このIgEは、血流中の白血球の1種の好塩基球と、アレルゲンが付着した部位の肥満細胞に結合します。この段階ではアレルギー症状は起こりません。後に、再度アレルゲンに接すると、前述の表面にIgEをもつ細胞はヒスタミン、プロスタグランジン、ロイコトリエンのような物質を放出し、周囲に炎症を起こします。
ページの先頭へ

*

■花粉症----季節性アレルギー
◎鼻の粘膜の炎症によるアレルギー性鼻炎、目のまぶたの粘膜や結膜の炎症によるアレルギー性結膜炎などの症状があります。

◎アレルギーを起こす花粉が飛ぶ季節におきるため季節性アレルギーといいます。春のスギ花粉や、晩夏から初秋のブタクサが良く知られています。ヨモギやカエデなど他にもアレルギーの原因になる花粉はあります。_≫参照:花粉症
ページの先頭へ

*

■ハウスダスト----通年性アレルギー
◎季節に関係なくいつでも発症し、1年を通じて症状が続きます。アレルギー性鼻炎が多くみられます。ぜんそくを引き起こす場合もあります。多くはハウスダストによるものです。ハウスダストには、(1)カビや真菌の胞子、(2)織物の繊維、(3)動物のフケ、(4)ダニ、(5)昆虫の死骸などが含まれています。ゴキブリの排泄物や運搬物もアレルギーの原因となります。
ページの先頭へ

*

■食品アレルギー
◎代表的なものは、牛乳、卵、小麦、大豆、貝、エビやカニなどの甲殻類、魚、ピーナツや特定のナッツ類などです。
ページの先頭へ

*

■日光アレルギー(光過敏症)----物理的アレルギー
◎物理的な刺激が引き金となって起きます。物理的な刺激には寒さ、日光、熱、発汗、引っかき傷のような小さな傷、物理的圧力などがあります。物理的な刺激が皮膚のタンパク質に変化を与え、免疫システムがこのタンパク質を異物と間違えて攻撃するのではないかと考えられています。
ページの先頭へ

*

■アナフィラキシー
◎最悪の場合は死亡することもある、急性で広範囲にわたるアレルギー反応です。通常はアレルゲンに接触後15分以内に発症します。アレルゲンはペニシリンなどの薬、虫刺され、食品注射などです。アナフィラキシー反応は初めてアレルゲンと接触したときは、抗体がつくられるだけで発症しません。2度目の接触で発症するところがやっかいです。

◎身近なところでは、ハチ(特にスズメバチ)があります。ハチに刺されたことがある方は、医療機関で検査を受け、2度目に備え準備をしておくことが必要です。
ページの先頭へ
*

アレルギー症状を緩和するサプリメント

◎アレルギーの症状を緩和するサプリメントは花粉症の項を参照ください。_≫花粉症

◎改善には、医療機関で検査を受けて、アレルゲン(原因)を特定し、接触を避ける、あるいは身の回りから排除することが必要です。アレルギー症状を抑える薬も処方してもらえます。

◎体調が悪いとき、免疫力が低下しているときに発症してしまうこともありますから、日々の体調管理をしっかりしましょう。

ページの先頭へ

スポンサード リンク




ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

アレルギー症状を緩和したい

関連する目的・症状&サプリメント

参考資料


Web www.rda.co.jp

トピックス


喘息

最新トピックス


関連トピックス

【日光浴が気管支喘息を改善 !?】5/22/2013
【魚油がぜん息のリスクを半減!?】11/29/2012
【赤ワインが食品アレルギーを予防!?】9/19/2012
【卵アレルギーを卵で治療 !?】7/19/2012
【適度の飲酒は喘息の発症も防ぐ!?】9/26/2011
【メタボ腹は喘息のリスクも2倍に!?】9/26/2011
【妊娠中の低脂肪ヨーグルトが子どもの喘息と花粉症のリスクを増やす!?】9/20/2011
【長男、長女は食物アレルギーをもちやすい!?】3/22/2011
【アレルギー疾患は脳腫瘍を予防!?】2/8/2011
【男性の射精後のインフルエンザ様症状は、精液アレルギーが原因!?】1/18/2011
【キャンドルの炎が「がんのリスク」を高める!?】8/20/2009
【ブロッコリー新芽が鼻アレルギーや喘息の症状を緩和】3/12/2009
【秋生まれの赤ちゃんは喘息になりやすい】11/22/2008
【花粉症などのアレルギーはガンを予防】10/30/2008
【母乳が赤ちゃんをアレルギーから守る理由】1/27/2008
【妊娠中の地中海式食事は子どもの喘息、アトピーを予防】1/16/2008
【花粉症、アレルギーに大腸がんの予防効果 !? 】12/4/2007
【米ぬかの成分に「肌のかゆみ」を抑える、抗アレルギー効果】12/3/2007
【エアーフレッシュナー、スプレー洗剤が喘息 (ぜんそく) のリスクを倍増】10/12/2007
【脳腫瘍のリスクは、花粉症、喘息、アレルギーのある人で減少】7/27/2007
【 1 日に 1 〜 2 回の玄米などの全粒穀物を食べる恩恵は大〜きい ! 炎症性疾患のリスクも低減】6/25/2007
【 1 歳までの抗生物質の使用は喘息のリスクを高める】6/14/2007
【花粉症などの抗アレルギー薬 -- 抗ヒスタミン薬 -- は脳の血流を低下させて、記憶力・集中力低下の原因に】5/18/2007
【胃ガンの原因の H.ピロリ菌は喘息 ( ぜんそく ) 、花粉症などのアレルギーを予防】4/24/2007
【子どものぜんそくとアレルギー性皮膚炎の予防に、妊娠中のリンゴと魚】4/16/2007
【喘息、アトピー性皮膚炎がそれぞれ 70 万人超。全国小中高生アレルギー実態調査結果】4/11/2007
【アレルギー性鼻炎、喘息、皮膚アレルギーの予防に地中海式ダイエット】4/5/2007
【肥満の人々は喘息の発症リスクが 2 倍に】4/03/2007
【住宅の湿気とカビが喘息の原因に】3/05/2007
【妊娠中の食事内容が子どものアレルギーに影響】3/03/2007
【花粉症の人々は香水など非アレルギー性の刺激にも敏感】2/28/2007
【オゾンの効果でワインを美味しく健康的に、そしてアレルギー予防】2/12/2007
【ヘアカラーによるアレルギー症状が増加】2/02/2007
【喘息は、アレルギーか感染症か、発症の原因によって治療法が異なる】2/01/2007
【花粉症、アレルギーに免疫療法は安全で有効】1/27/2007
_≫HOTトピックスの続き

*

スポンサード リンク